チンチラの懐かせ方まとめ!【目指せ!ベタ慣れ】


近年の小動物ブームで、チンチラを飼いたい!一緒に暮らしたい!とお思いの方も多いでしょう。

SNSで検索してみると人によく慣れた可愛い姿をいっぱい見れることも要因の一つと言えます。

でも、動物にも気持ちがありますのでぞんざいな扱いや心無いお世話をしていては楽しい生活は送れません。

今日はお迎えしてきたチンチラと距離を縮め、楽しく生活するポイントをご紹介します!

チンチラは懐きやすい?


まず、大前提としてチンチラは「人によく慣れる」小動物と言われています。

多少の個体差はあれどペットショップやブリーダーさんなどでお迎え前から人の手に慣れている場合も多く、劣悪な環境からのレスキューでなければ極端に怖がることはないでしょう。

お迎えしてからすぐの2〜3日は新しい環境になったことへのストレスから過敏になっていますが、それはチンチラに限らずどの動物でもそうですのでそっとしてあげましょう。

1週間くらいしたら徐々に名前を呼んだり、様子を見ながら軽く触れたりしましょう。

警戒心をなくしてもらおう


お迎え後、環境への順応が済み「人がいても回し車で遊んだり、ゲージ内で動き回るようになった」ことを確認したら新しい飼い主への警戒心は徐々に薄れていきます。

「ごはんの支度をするときに名前を呼ぶ」

「ゲージの前を通る時に声をかける」

「掃除するときに声をかける」

等々するのも有効な手段と言えます。

ただ、これらは「チンチラが怖がっていないことを確認」してから行いましょう。

早く慣れて欲しいと焦ってことを進めても逆効果です。

また、夜行性のチンチラは日中は寝ていますので、声かけやお掃除などは「夕方〜夜」にしましょう。

ぐっすり眠れない環境はチンチラにとって良くありません。

コミュニケーションを取ろう


チンチラがこちら側に充分慣れたことを確認できましたら、今度は一緒にコミュニケーションを取りましょう。

「人に慣れている」と「人に懐いてる」では全然違いますよ。

「人に慣れている」までクリアできれば、ぜひ「人に懐いている」も目指しましょう。

ゲージから出してお部屋の中で遊ばせるときに「ちょっとしたオヤツ」を用意しておき、名前を呼んだり向こうから飼い主に近づいてきたときに与えてみましょう。

そのときに大丈夫そうであれば「軽く撫でる」「抱っこ」などを取り入れても良いと思いますよ。

ただ、どの動物でも急に動いたり腕から飛び出したりします。

腕から落ちたり、着地に失敗したりすると怪我につながったり怖い思いをさせてしまいます。

恐怖心を払拭するのはとても大変ですし、そんな思いをさせてしまっては可哀想ですから安全には十分注意しましょう。

抱っこしたまま歩いたり移動するのは最初のうちはオススメしません。

座った状態でのスキンシップから始めてくださいね。

チンチラに懐いてもらうための注意点


チンチラとの絆を深めるには「嫌なことはしない」ことはもちろんですがたくさん遊んでスキンシップを取ることも重要です。

ただ、気をつけて欲しいのは「チンチラに触るのは向こうから寄ってきたとき」ということを徹底してほしいのです。

また、手にオヤツを持っていればグイグイきてくれますが「1日にあげる量」をきちんと守ってくださいね。

無理に触ったり掴んだりすればあっという間に信頼関係は崩れ、人の手を見るだけで巣箱の奥に引っ込む子になってしまいます。

欲しがるたびにオヤツを与えていては「オヤツを持っていない手」を噛むなんてことにもつながります。

また、メリハリも大切です。

1日の運動量には注目して欲しいですし、なるべくゲージの外で遊ばせてあげてほしいですが、飼い主がきちんと見ていられる時に行いましょう。

チンチラは大変よく動き回ります。

ちょっとした隙間や高いところに登るのも大好きです。

飼い主が見ていれば落下や、隙間に挟まったり出られなくなる事故は未然に防げますが「ほんの少し」と目を離したときにそうなってしまうと手遅れになる場合があります。

もちろん、お部屋に放す前に出来る限りの危険は取り除いて欲しいですが、「そんなところにまで!?」ということは結構あります。

付き添って遊んであげられる時間を確保して安全確認をしてからゲージから出してあげましょう。

番外編・ゲージ内で遊んでもらおう


一緒に遊ぶ時間が取れない時はチンチラはずっとゲージの中で過ごします。

少しでも快適に楽しく過ごしてもらうためにゲージ内レイアウトは考えましょう。

回し車や砂浴び場・巣箱は必須として、そのほかにも「ステップ」や「足場」「おもちゃ」でゲージを動き回れるようにしてあげると多少の運動不足回避にもなります。

チンチラ用のものも結構たくさん出回っていますし、「ウサギ・リス」など広義で用いられるものも使えます。

お部屋で遊ばせるときにあると楽しそうなおもちゃなんかもあります。

ピックアップしたものをいくつか載せておきますので参考にしてみてください。

また、近年の人気上昇によって飼育本なども出ていますので何冊か目を通しておくとより安心と言えます。

まとめ

いかがでししたか?

ざっくりとですが、チンチラとの素敵な生活を送るため・よく慣れた子にするためのポイントをお伝えしました。

ふわふわの毛並みは1日中でも触っていられる!と思うほどに素晴らしく、小さなお顔でたくさん感情表現してくれます。

また、おもちゃで遊ぶのも大好きな子が多く「小さい手で倍以上大きなおもちゃにひっついて遊んでいる」なんて、とんでもなく可愛い瞬間も見られますよ。

ぜひこの記事を参考に素敵なチンチラライフを送ってくださいね。

以上、チンチラの懐かせ方まとめでした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする